COLUMN シンプルライフコラム

収納

【コスト削減】その扉、本当に必要ですか?クローゼット収納

2020/05/06

注文住宅を建てるとき、扉が当たり前のようについていますが、実はそれはコストがかかっているのをご存知でしょうか?

不必要な扉を「最初から付けない」と選択するだけで、数万円安くなることがあるんです。

工務店さんは良かれと思ってつけてくださる扉も、実は住まい手にとっては不必要なことが多いのです。

例えば、寝室についているクローゼットの扉。工務店さんは洋服は見えないほうがリラックスできるだろうと当たり前のように、個室のクローゼットには扉をつけたがります。(よりによって特に使いにくい折れ戸を)

でも、住む側は毎日着替えるために、洋服をとるたびに、開け閉めする必要があります。

しまいには寝室なんてお客様が入ってくるわけでもないし、開けっぱなしでもいいかなって気持ちになってしまう人も多いのでは?それではお金をかけて扉をつけた意味がありませんよね。

だから、寝室のクローゼットはオープンでもいいのではないかと思うんです。

参照:アレグレホーム寝室クローゼット

(クローゼットの中に仕切りをつくり、夫婦別にすることもストレス軽減にオススメです)

参照:御園建設の2階の寝室クローゼット

(見ての通り、御園建設さんはお財布に優しい設計のため、クローゼットは扉もバーも可動棚なし!必要であればこんな風にDIYして作り手の自由に設置することが可能です)

参照:住まいの発見館の寝室クローゼット

クローゼットの入り口はオープンにすることで風通しもよく湿気がこもらないのでメリットがたくさん。

参照:協和ハウジングの1階ファミリークローゼット

参照:立田工務店2階のファミリークローゼット

 

子ども部屋などの個室のクローゼットも「扉はつけない」という選択肢もあっていいと思います。

参照:グリーンワールド 2階の個室(子ども部屋)

子ども部屋こそ、扉があるがゆえ、お片づけ(元に戻せない)ができないお子さんも多いと思うので、見える化が必要な場所かなと思っています。

たかが扉、されど扉。1枚1枚、ここは本当に必要か?を考えて選択することをオススメします。

【リビング収納】使える収納スペースとは?

2020/03/08

リビングは人が集まるため、散らかりがちな場所。

だからこそ、リビング収納を最適な場所に設置できれば、毎日のお片づけがラク〜になるんです。

その秘訣は・・・

家族がよく通る導線上に収納スペースを設けること!

例えば、御園建設のリビング収納は家の中心。

作りつけの収納はこの場所しかありません。でもここがたっぷり入る工夫をしているので、全てのスペースが“ムダなく”使える収納なんです!

ポイントは、L字の棚。よく見ていただくと、1人分の体がより奥まで入るようになっています。つまり、L字の棚はデッドスペースがないんです。だから、1階のリビング・ダイニングで使うものが全て入る充実ぶり。

LIXILヴィータスパネル

取り出しやすい収納スペースと、誰もが何度も通る戻しやすいリビングの中心に使える収納を設置することで、家族の協力も得やすく、あっという間に片付くおうちになります。

more…

エントリーカレンダー

2020年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別アーカイブ

ACCESSアクセス

ちば家博実行委員会事務局
建設地:千葉県東金市北之幸谷
企画・運営:ちば家博実行委員会

Googleマップで見る