COLUMN シンプルライフコラム

家をつくるときに失敗しないコツ

2020/03/22

家は3回ぐらい建てないと、思い通りのお家にならないと聞いたことがあります。

でも今は情報も豊富ですし、SNSでたくさんの口コミ情報もとることができる時代なので、1回でも思い通りの家が建つようになってきました。

ただ、それには「自分軸」を持っていないと難しい。思い通りの「思い」の部分がないと、どんな家作りをしていいかわからないからです。

そのためには、つまり他人のマネじゃなく、自分と家族がどう過ごしたいのか?何をしているときが心地よくリラックスできて幸せに感じるのかを考えないといけません。

その幸せな時間を増やすために、自分の苦手なこと、時間を割きたくないことをしなくていいように考えることが大切です。例えば、

掃除が嫌い→ルンバに床掃除はお任せできるフラットな家にしよう

洗濯が嫌い→衣類をリラックススペースに持ち込まない導線の家にしよう

料理が嫌い→クローズドキッチンにして生活感を隠せる家にしよう

といった形で、苦手は家事動線でいくらでもカバーできるので、きちんと考えてみましょう。

ちなみに、ちば家博のモデルハウスはそのすべてがカバーされているお家ばかりです(プロデュースした私が家事がとても嫌いなので、その辺はまるっとカバーしています!)

 

新型コロナウイルスで色々なことが自粛したことをきっかけに、おうちで過ごすこと、日常の小さな幸せの大切さを実感されている方も多いと思います。

 

せっかく自由設計のおうちをつくるなら、自分のおうちが一番好き、おうちにいるときが一番楽しい!と思いたいですよね。

ちば家博のモデルハウスでは、7社の工務店が「幸せ」「楽しい」を感じる家づくりをしています。

 

協和ハウジング:光と風を感じながら暮らす、ナチュラルリゾートハウス

アレグレホーム:空が似合うシンプルな家

ハヤシ工務店(LOHAS・IN):楽しいことだけやってたい!あたたかな記憶をのこす家

グリーンワールド:素敵なアウトドア空間、ロジアのある“もみの木の家”

御園建設(バナナ住宅):無駄を削いだシンプルな家だから実現する私のオリジナルな暮らし

住まいの発見館:アウトドア&リゾートスタイル大好き家族の「中庭のある平屋」

立田工務店:回遊する家事動線でかぞくの笑顔が増える家

 

各モデルハウスのコンセプトには皆さんの夢が詰まっています。

ぜひ千葉県東金市にある「ちば家博」に足を運んでいただき、スタッフさんにお気軽に相談していただければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧に戻る

エントリーカレンダー

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

ACCESSアクセス

ちば家博実行委員会事務局
建設地:千葉県東金市北之幸谷
企画・運営:ちば家博実行委員会

Googleマップで見る