COLUMN シンプルライフコラム

協和ハウジング(きょうわはうじんぐ)

2019/11/01

協和ハウジングさんは、7社の中で一番の大きな会社です。経験豊富なスタッフがたくさんいらっしゃる会社なので、提案の幅も広く、どんなプランでも安心してお任せできる会社です。

キッチンに立ったときの眺めがとても良く、気持ちよく1日がスタートできるおうちです。お料理がお好きな方やキッチンに立つ時間を楽しめる方には最高の配置。料理をしながらテレビを見たり、リビングには吹き抜け上に大きな窓があるため、朝食の用意をしながらお天気を確認することもできます。床の色はウォールナットに近い、濃いめの茶色。家の中心にあるブラックのアイアン素材の階段手すりがポイントです。

玄関からホールを抜けて、お部屋に入って一番最初に目につくところがキッチンなので、いつもキレイに保ちたい場所です。だから生活感が出やすいものは全部隠してしまえ〜と大きな収納扉をつけました。お客様が来るときは、調理家電も食器も冷蔵庫も大きな扉の中に収納してしまいます。

また、リビングが1段下がっているため壁はないのですが、緩やかにくつろぎスペースとして魅せることに成功していて、心からリラックスできるような間取りになっています。

1階のトイレは壁までシックでオシャレ。トイレの前に小さな収納スペースをもうけたので、トイレットペーパーなど日用品のストックも置けるようになっています。

収納力が魅力の協和ハウジングさん。キッチン横にはパントリーがあるので、防災備蓄品や飲料水などたっぷり入れておくことができます。キッチンからウッドデッキに出られる勝手口をつけたので、資源ごみなど、キッチンの外に置いておきたい大きなゴミ箱を置くスペースがあるので安心。

クローゼットは洋服の他に、扇風機やクリスマスツリーや来客用のお布団など、大きなものまでとにかくなんでも入ります。サニタリールームには、風と光が抜ける窓をつけてもらい、部屋干しができるスペースを確保しました。すぐ隣がクローゼットなので、「洗う→干し→しまう」が最短距離で完結。散らかりがちな衣類がリビングダイニングに行かない仕組みで、生活感が出やすいところはリラックス空間とあえて離しています。

2階は主に子どもスペース(1階に夫婦の寝室があるので、年老いても1階だけで住むことが可能な間取り)。あえて仕切りを作らないことで、閉鎖的にならず広いスペースを確保。照明器具とかドアの色とか(なんなら玄関前のポストまで)いちいちオシャレなので、実物を展示場でご覧になってみてください。

協和ハウジングさんは、センスに自信がなくても、がんばってオシャレな雑貨を飾らなくても、おうちそのものがオシャレなので、小細工不要!オシャレなおうちに住みたい方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<協和ハウジング>モデルハウス

協和ハウジングHPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

協和ハウジング(きょうわはうじんぐ) へのコメント

  1. Pingback: 【ちば家博】モデルハウスを7棟プロデュースしました。 | エコナセイカツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧に戻る

エントリーカレンダー

2019年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

ACCESSアクセス

ちば家博実行委員会事務局
建設地:千葉県東金市北之幸谷
企画・運営:ちば家博実行委員会
電話番号:0475-71-2225

Googleマップで見る