COLUMN シンプルライフコラム

2019年11月 記事一覧

2階建 VS 平屋 建てるならどっち??

2019/11/27

2階建てのお家と、平屋だと、どちらがいいんでしょうか。

自由設計のいいところは、ライフスタイルに合わせて2階建か平屋か好きな方を選べるということです。

今回の「ちば家博」では、7社のうち、2棟が平屋、5棟が2階建のおうちです。

more…

11月30日、12月1日イベントのお知らせ

2019/11/19

11/30、12/1にクリスマスに向けたイベントを開催します!

詳しくはこちら。

【ちば家博】クリスマスイベント

クリスマスリースやクリスマスジェルキャンドルが作れます!

今年は手作りしてみませんか?

また、カッティングボードにつかえる天然木のまな板づくりのワークショップもあります。

各イベント当日10時に受付開始になりますので、お気軽に遊びにきて下さい!

家を建てるときに考えたいこと、後悔しないポイント

2019/11/10

家を買うのと、家を建てるのでは全く違うと思っています。

どちらも、立地とか間取りとか値段とか、気にするポイントは同じだと思いますが、家を建てる場合は圧倒的に契約後の自由度が違います。

家を建てるってなったとき、土地を探すことから始まると思いますが、間取りやキッチンを選ぶことばかりに気をとられすぎて、住んでからの心地よさをないがしろにしてはいけないと思っています。

だって、いくらお気に入りのインテリアにしたところで、部屋が暗かったり、寒かったり暑すぎたりするお家だったら、居心地が悪いですから。

人が心地いいなーと感じるのは、光のキレイさとか快適な温度とかがベースにあってのことだと思っています。

それは今の家に住んでめちゃくちゃ実感したこと。

窓が大きいと、開放的で外の景色とお友達になれるんですよね。

どんなにステキな絵画でも窓の外の景色には勝てない&飽きないんだと感じました。

窓がたくさんあると風通しもいいし、光もたくさん入ります。

 

今回プロデュースさせていただいた「ちば家博」の7社は「窓」までちゃんと考えた家なので、自信を持ってお届けすることができます!

せっかくの自由設計。窓からいただく光や風、暖かさをいいとこどりしたいですよね。

見える幸せにプラスして、見えない心地よさを大切にしてみてはいかがでしょうか。

家を建てるときに考えたいこと、後悔しないポイントは「窓」です。

窓についてはこちらもチェックしてみてください。

おはようまど

おてんきまど

なかよしまど

おかえりまど

くつろぎまど

御園建設(みそのけんせつ)

2019/11/01

御園建設さんは、7社の中で一番お安くおうちが建てられます。なんと、月々6万5000円のお支払い!

 

なぜその価格が可能なのか?それは、無駄なものはすべて削ぎ落としたからです。

カーテンレールもムダ、お風呂についてる鏡もムダ、仕切りもムダ、シューズクローゼットもムダ、なんならクローゼットの扉もいらないんじゃない?と。

普通のおうちだと、それらが購入料金の中に入っているんです。カーテンじゃなくて、ブラインドにしたいかもしれないし、お風呂の鏡も使わないお家なら掃除の負担になるだけなんです。もしどうしても必要だったら市販品で自分のセンスに合うものでお気に入りを買えばいいと思ったので、コストがかかるものは、すべてカ〜ット!!

でも安心してください。ムダなオプションは省きましたが、家の構造には手を入れていないので、機能や設備はバッチリ標準装備!

家はシンプルイズベストが一番いいと思っていて、真っ白なキャンバス(箱)だけ工務店に用意してもらって、あとは自分の好みの色に染めていくほうが楽しくないですか??

家がシンプルだと、お気に入りの家具や小物も映えるし、DIYがお好きな方なら俄然、熱が入りますよね!自分のセンスでいかようにもなる、シンプルなカスタムできる家を目指しました。

実際に、今回インテリアコーディネートをして下さったのは、御園建設さんでおうちを購入されたOBさん!どんな配置が住みやすいのか、おうちの使い勝手に理解がある方のコーディネートなので、一切ムダがなく堅実的。実際に自分が住んだら・・・?というイメージがリアルに膨らむ家を目指しました。

1階はリビングダイニングと水回り。リビングが最大限広く使えるように廊下はつくりませんでした。

収納については、「一切なし」だと不安だと思ったので、唯一階段下のスペースに収納をつけてもらいました。開けるとびっくり!コンパクトなのにムダなく、たくさん入るような仕掛けにしています。

扉の裏まで活用できるようにしているので、収納力&使い勝手はバツグンに良いです!日常の細々したものの収納は、ここ1箇所で十分だなと自信を持って言えるぐらい!この驚きは、展示場でご覧いただければと思います。

また、窓もいっぱいあって光は十分入ってくるのですが、プラスアルファであえて、お風呂・トイレ・キッチンには、空気を循環させるために開けっ放しで外出しても防犯面で安心できるような小窓をつけました。

2階のトイレもムダかな?と思ったのですが(笑)、御園建設さんのステキなはからいで、他でムダを削ったので、トイレを入れる資金的余裕があります!とのことで、入れてもらいました。これで朝のトイレ渋滞問題も解決できそうですね。

子ども部屋はあえて仕切りやクローゼットをつけなかったので、3人兄弟以上でも自由自在に自分のスペースが持てる広さになっています!家具でゆるく仕切ったり、子どもが大きくなったらリフォームも対応可能。

主寝室のクローゼットはシンプルですが、広さが結構あるので、お好みの収納家具を入れて自分好みにカスタムしていただければと思います。クローゼットの扉がないほうが行き来がしやすく、乾いた洗濯物もしまいやすいと思ったので、なくしました。

御園建設さんは、家の購入資金を抑えて、家族や趣味・家具の購入など別の場所にお金を回したい方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<御園建設>モデルハウス

御園建設HPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

ハヤシ工務店(はやしこうむてん)

2019/11/01

ハヤシ工務店さんは、考え抜かれた家事動線によって、日々の小さなストレスがなくなる五感にやさしいおうちです。

ふんわり暖かい空気、やわらかい光、癒される木々、おいしそうな匂い・・・それって目には見えないけど「幸せ」を感じるために、めちゃくちゃ大切なことだと思っています。

ハヤシ工務店は、心地よく暮らすために、日々の小さなストレスをなくすことを本気で考えてくれました。高断熱高気密で家じゅうどこにいても暖かく、ふとしたときに目に入る外の光景を美しく切り取り、家事導線がスムーズなのでいつもなんとなく片付いている状態が維持しやすい。

私たち施主はハヤシ工務店に「理想とする幸せのカタチ」を共有していただくだけで、気持ちのいい空間と、自分にあった家事動線と、あたたかい家が勝手に提案の中に含まれることが特徴。

また、全体的に抜け感を意識していているため、コンパクトながら広く見えるような仕掛けが随所にほどこされています。

ONとOFFを上手に分けられる間取りになっているので、

「リビングで、思いっきり遊ぶ。」

「ダイニングで、楽しく食べる。」

「それぞれの個室で、ゆっくり休む。」

が実現でき、おうち時間が大好きになる小さな工夫がたくさんつまっています。

基本的に1階は「あそぶ・たべる」をメインとしているため、生活感が出やすい水回りは最低限にし、お風呂や洗濯干し場は2階に設置しました。

2階の特徴は大きなサニタリールーム。脱衣所に洗濯機置き場、室内干し場、ファブリック類を収納するスペースが一体となっています。この場所で「脱ぐ→洗う→干す→しまう」が完結するので、洋服が1階で散らかることがありません。

洗濯導線は1歩でも短くしたいので、一番スムーズに動ける間取りにこだわりました。サニタリールームは一番光が当たる場所に設置したので、お天気を気にせず、安心して毎日の洗濯物を乾かすことができます。

クローゼットは家族全員のものを集約できるよう、広めの作りになっています。ファミリークローゼットをつくることで家事動線が短くなるので、お片づけの手間が省けます。

バルコニーには、シンボルツリーが成長とともに見える仕掛けなので、階段上がってすぐの景色が楽しめます。グリーンと一緒に成長していける自然豊かなおうちです。

 

ハヤシ工務店さんは、ストレスになるようなムダ家事はパパッと片付けて、家族と過ごす「今」を大切にしたい方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<ハヤシ工務店>モデルハウス

ハヤシ工務店HPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

協和ハウジング(きょうわはうじんぐ)

2019/11/01

協和ハウジングさんは、7社の中で一番の大きな会社です。経験豊富なスタッフがたくさんいらっしゃる会社なので、提案の幅も広く、どんなプランでも安心してお任せできる会社です。

キッチンに立ったときの眺めがとても良く、気持ちよく1日がスタートできるおうちです。お料理がお好きな方やキッチンに立つ時間を楽しめる方には最高の配置。料理をしながらテレビを見たり、リビングには吹き抜け上に大きな窓があるため、朝食の用意をしながらお天気を確認することもできます。床の色はウォールナットに近い、濃いめの茶色。家の中心にあるブラックのアイアン素材の階段手すりがポイントです。

玄関からホールを抜けて、お部屋に入って一番最初に目につくところがキッチンなので、いつもキレイに保ちたい場所です。だから生活感が出やすいものは全部隠してしまえ〜と大きな収納扉をつけました。お客様が来るときは、調理家電も食器も冷蔵庫も大きな扉の中に収納してしまいます。

また、リビングが1段下がっているため壁はないのですが、緩やかにくつろぎスペースとして魅せることに成功していて、心からリラックスできるような間取りになっています。

1階のトイレは壁までシックでオシャレ。トイレの前に小さな収納スペースをもうけたので、トイレットペーパーなど日用品のストックも置けるようになっています。

収納力が魅力の協和ハウジングさん。キッチン横にはパントリーがあるので、防災備蓄品や飲料水などたっぷり入れておくことができます。キッチンからウッドデッキに出られる勝手口をつけたので、資源ごみなど、キッチンの外に置いておきたい大きなゴミ箱を置くスペースがあるので安心。

クローゼットは洋服の他に、扇風機やクリスマスツリーや来客用のお布団など、大きなものまでとにかくなんでも入ります。サニタリールームには、風と光が抜ける窓をつけてもらい、部屋干しができるスペースを確保しました。すぐ隣がクローゼットなので、「洗う→干し→しまう」が最短距離で完結。散らかりがちな衣類がリビングダイニングに行かない仕組みで、生活感が出やすいところはリラックス空間とあえて離しています。

2階は主に子どもスペース(1階に夫婦の寝室があるので、年老いても1階だけで住むことが可能な間取り)。あえて仕切りを作らないことで、閉鎖的にならず広いスペースを確保。照明器具とかドアの色とか(なんなら玄関前のポストまで)いちいちオシャレなので、実物を展示場でご覧になってみてください。

協和ハウジングさんは、センスに自信がなくても、がんばってオシャレな雑貨を飾らなくても、おうちそのものがオシャレなので、小細工不要!オシャレなおうちに住みたい方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<協和ハウジング>モデルハウス

協和ハウジングHPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

アレグレホーム(あれぐれほーむ)

2019/11/01

アレグレホームさんは、7社の中で1番コンパクト。平屋だから、庭付きマンション住まい感覚のおうちです。

延床面積26.25坪ですが、リビングダイニングに寝室と子ども部屋が2つもついてるから、4人家族でもじゅうぶん住まうことができます。小さいおうちだけど、狭くないんです!!ポイントは、家全体をくまなく使いこなせる間取りだということ!

ご両親が泊まるために、念のためにもう一部屋作っておくという発想はナンセンス。

1365日の中で、360日使わないお部屋を持って、その分のローンを払うなんてもったいないと思いませんか?ローン以外でも、コンパクトなおうちなら冷暖房効率もいいのでお財布に優しいところも嬉しい。

アレグレホームはムダな床面積がないから、低価格で一軒家を持つことができます。

また、外からの視線を完全シャットアウトして光と風だけ入る設計だからカーテンはつけずに暮らすことができます。

カーテンなしのメリットは、部屋がいつも明るい、カーテンのお洗濯の必要がない、ホコリがたまりにくいの3つ。おまけで、パパが裸でウロウロしててもある意味大丈夫(笑)

玄関横のお庭にはウッドフェンスがついてるので安心してお庭でプールもできます。

ムダなスペースがないということは、ムダなものをたくさん持っている人には向いてないということなのですが、細々したもの例えばキッチングッズやお洋服はたくさん持っても大丈夫なように、収納はポイントを絞ってあるべきところにはちゃんとつけています。

寝室には夫婦別室の大型クローゼット、玄関横は一面くつやバッグが置けるよう大きなスペースを確保しています。

あとはなんといってもキッチン横のフリースペース。図面ではパントリーとなっているので、モノを収めるのが本来の使い方ですが、机をおいて家事室にするのもよし、キッズルームにするにもよし!家族の成長に合わせて色んな使い道ができるお部屋です。

モデルハウスをご覧いただくとプレイルームなっています!小さな子どもって料理中にママの姿が見えたほうが安心するし、対面キッチンだといちいちリビングまで回りこまなきゃ対応できないけど、横にいればすぐに駆けつけることができます。少し広めの秘密基地みたいな感覚で楽しんでもらえたら嬉しいです。

また、寝室は寝ることに集中。ベッド以外の家具は、地震のときに危険なので、究極にシンプルなお部屋にしました。ダウンライトでランプシェードさえありません。

洗濯動線も洗って、乾かして、クローゼットに収めるまでが一直線。洗面所を広くとったので、部屋干しでもミニベランダで外干しでも両方オッケー。

小回りが効くって、家事が最短距離=短時間で終わるということです。コンパクトな平屋のメリットを活かした段差のない間取りになっているので、扉を全部開け放てばお掃除ロボットが隅々まで掃除してくれるため床そうじ係がいなくなります。

 

アレグレホームさんは、ムダのないコンパクトな間取りで家事の時短が叶うので、共働き家庭にもピッタリなおうちです。

詳しい内観のお写真はこちら→<アレグレホーム>モデルハウス

アレグレホームHPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

立田工務店(たつたこうむてん)

2019/11/01

立田工務店さんは、美しいビジュアルとムダのない間取りが特徴のシンプルなおうちです。

立田工務店は、土地を見てイメージを膨らませ、その土地が一番活きる設計をするのが信条。施工は5代続く地元では有名な立田工務店自身が行います。安心してプロ大工さん集団にお任せすることができます。

モデルハウスをご覧いただくとわかりますが、窓の並びが均等でなので、外観のバランスもキレイ。立田工務店はそんなところまで考えて設計しているのがわかります。

間取りもムダな場所が一切なく、すべて使える場所。1階は大きなワンルームのようになっていて、ドア(お風呂場以外は引き戸)を開けっ放しにすれば回遊できるから、家事動線はバッチリ。

段差につまずくことがないから、小さな子どもは危なくないし、お掃除ロボットもスイスイ。

サーフィンや公園遊びの砂、部活終わりの泥、お散歩後のワンちゃんは裏の勝手口から。脱衣所に出入口があるので、直接お風呂にダイブ。生活感がでるお洗濯系の作業はキッチン裏にもうけた広めのサニタリールームですべて完結します。

玄関はあえて広くとり、自転車や三輪車も置けるスペースを確保。あと、駐車場が屋根付きなところもポイントが高いですよね。車から出て、雨に濡れずにおうちの中に入れるって最高!

隠し扉の奥にファミリー玄関と大容量の収納スペースをもうけたので、靴もバッグもコートも帽子もお出かけグッズは全部ココ!ただいま動線もバッチリでリビングが散らからない仕組み。

2階はあえて大きなフリースペースをつくりました。間取り図には机とベッドが2つずつ置いてありますが、実は仕切りもドアもクローゼットないので、建具がない分、当たり前ですがコストは抑えられます。子ども部屋にする場合は家族計画も自由ですしメリットいっぱいのフリースペース。また、夫婦の寝室にもクローゼットはつけず、洋服はすべて2階の中心にあるファミリークローゼットに収める仕組み。

各部屋に洗濯物を仕分ける必要もないので、時短が叶う導線にしました。2階のホールには部屋干しスペースもつけたので、乾いたらそのまま家族全員分の洋服をファミリークローゼットに入れることができます。

 

立田工務店さんは、スタイリッシュなデザインハウスを低コストで建てたい方にはピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<立田工務店>モデルハウス詳細

立田工務店HP も施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

住まいの発見館(すまいのはっけんかん)

2019/11/01

住まいの発見館さんは、7社の中で一番見応えのある贅沢な平屋モデルハウスです。

広々したつくりが特徴的なリゾートハウスをイメージしたおうち。外壁は丈夫なレンガ作りで雨や風に強く、内側にはアウトドアリビングをもうけたことによって、中と外のつながり強くすることに成功しています。

中庭から光が降り注ぐため、外側の窓は最低限で風通しの機能のみ。家の中にいても、中庭が全面窓なので開放感がありいつも家の中が明るいことがメリット。また、中庭では外の風を浴びながら周りからの視線を感じずにリラックスすることができます。家じゅうどこにいてもくつろげるので、家の中にお気に入りの居場所をたくさん作れるのではないでしょうか。

高断熱高気密住宅で暑い夏でも涼しく、寒い冬でも暖かい断熱に優れた家は、住まいの発見館さんならでは。床下エアコンを採用しているので、ムダなく足元から涼しい風やふんわり暖かい空気が出てくる仕組み。ぜひモデルハウスでこの気持ち良さを体感してみてください。今住んでいる自分の家との違いに驚くハズです。

内装もこだわりが散りばめられていて、小物を置きたくなるようなニッチや随所にある棚、収納スペースが豊富でインテリアにこだわりがある人はやりがいを感じられるおうちだと思います。

キッチンスペースも大きくとっているので、お料理が好きな方、おうちでホームパーティーをしたい方にはもってこいの間取りです。キッチンとサニタリールームの間には、小さな机がありお買い物バッグを置いたり、ミシンをするのにピッタリのミニ家事スペースをつくりました。

キッチンやサニタリールームにみられるタイル使いもセンス抜群。生活感が出やすい部分もキレイをキープできるように使いやすくオシャレな造り付け洗面ボウルが空間をステキに演出しています。散らかりがちな衣類を収納するスペースがたっぷりもうけられているので、サニタリールームですべて完結します。

寝室につけたウォークインクローゼットも使い勝手を考えて扉をつけず、行き来をラクにしています。

リビングには大きな造り付けのソファが壁一面に広がるのが特徴。リビングダイニングから一間続きのモダンな畳のお部屋もリラックスするにはかかせません。

 

住まいの発見館さんは、いつもリラックスした気分で暮らしたい、おうち時間が大好きなこだわりを持った方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<住まいの発見館>モデルハウス

住まいの発見館HPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

グリーンワールド(ぐりーんわーるど)

2019/11/01

グリーンワールドさんは、7社の中で唯一ソーラーパネルがついていて、和モダンなエコを意識したおうちです。使っている木はもみの木で、クリスマスツリーでお馴染みだと思いますが、「永遠」の意味をもつとても丈夫な木です。

北欧など海外では一般的な建材「本物のもみの木」を使って家を建てることができる工務店は、全国でもほんの一握りだそう。グリーンワールドは実績をかわれ、戸建の他にも、もみの木を必要とする病院や保育園、老人ホームなどの設計や施工も担当されています。

もみの木は虫が寄り付かず、臭いや湿気も取り除くそうなので、ペットと一緒に快適に暮らしたい方にもピッタリです。

ふんだんに木を使っているので、リラックス効果は抜群。家にいながら森林浴をしているような気分になれるおうちです。

実際に、もみの木のおうちに住んでアレルギー症状が軽くなった方がたくさんいらっしゃるようです。

もみの木の加工は、化学物質を一切使用せず、国内で機械を使わない天日乾燥のため、安全なものをお届けできます。

化学物質過敏症の方でも安心しておうちの空気を吸うことができるため、多くの方々からご支持をいただいています。

真ん中に畳があるのが特徴。みんなのくつろぎコーナーは家の真ん中に配置。子どもが小さい頃はお昼寝スペースでもいいし、冬になったらこたつを出しても楽しい時間が送れそうです。

リビングをいつもスッキリ保つため、ホールのドアを開けてすぐバッグ置き場を作りました。

みんなのお出かけグッズはココ!と決めてしまえば、リビングも散らからないし、忘れ物もなくなります。玄関付近より、リビング近くの方がよく使うものの出し入れがすぐできます。

ウッドデッキに洗濯物を干せるスペースがありますが、ウッドフェンスがあるため外からも中からも死角になる部分に干せるようにしたので、干しっぱなしでも気になりません。

主寝室が1階にあるため、子どもが小さいときや子どもが巣立った後は1階だけで過ごすことができます。

2階は子ども部屋を対照におきました。クローゼットの扉はつけず、オープン収納なので自分で身の回りを整理し自立を促せるような仕掛け。階段上のホールは木製の縦格子なので、お布団を干すことができます。もみの木が呼吸して湿気をとってくれるので、おうちの中の空気がいつでもさわやかです。全体的に木の温もりのあるおうちで、床までふんわり暖かく素足で歩くのが嬉しくなります。ぜひモデルハウスでは素材を感じていただければと思います。

 

グリーンワールドさんは、省エネで日々のランニングコストが少なく済むため、健康的でエコな暮らしを意識したい方にピッタリです。

詳しい内観のお写真はこちら→<グリーンワールド>モデルハウス

グリーンワールドHPも施工事例など掲載されておりますので、チェックしてみてください。

エントリーカレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

ACCESSアクセス

ちば家博実行委員会事務局
建設地:千葉県東金市北之幸谷
企画・運営:ちば家博実行委員会

Googleマップで見る